GENchiArchitectsDESIGN Inc.

 源池設計室

シューズクローク?下駄箱?

2022.08.08

住宅のプランをする中で迷われるのが、玄関の収納。
玄関ホールなどの壁面に下駄箱やトールキャビネットなどの収納を取り付ける場合と
別にもう一部屋設けるシューズクロークの場合と
大きく分けると2パターンあります。
前者は、場所を取らないこと、ぱっと見やすい事がメリットですが
靴以外の奥行きがあるものは入れにくい事がデメリットでしょうか。
傘だったり、帽子だったり、コートだったり、スリッパだったり、
入れるものをお聞きして、それが入るように作ることは可能です。
 

 
シューズクロークは、お客様を通す部分はすっきりとすることができ、
広さがあるので、その時々に入れたいもの、
ベビーカーだったり、部活の道具だったり、スキー用具だったり、
入れるものの自由度はあります。
デメリットとすると場所をとる事でしょうか。
 
 

 
我が家は、下駄箱タイプです。
気に入った靴があるとついつい買ってしまう私の場合、
シューズクロークだと際限なく増えてしまうので、
入る量が決まっている方が合っていると思います。
一つ買ったら、一つは捨てる。
捨てられなければ買わない・・・モノを増やさない鉄則ですね。

草間彌生 版画の世界

2022.08.01

我が家と同じ年の松本市美術館。
昨年は開館20年という事でメンテナンス休業してましたが、
今年4月からリニューアルオープンしています。
この夏の企画は「草間彌生 版画の世界」
8月は月曜日も開館しているので、早速本日行ってきました。
驚いたのは作品の多さです。
初期の作品から南瓜のシリーズや近作の富士山まで、
草間の世界にどっぷりと堪能できます。
個人的には自画像のシリーズの一つの作品に衝撃を受け、
何を考えながらこの自画像を描いたのか、
とても興味深いものがありました。
 
皆さんも夏休みは松本市美術館に脚を運んではいかがですか。
9月25日まで開催してます。